美術品買取査定取り扱い作家一覧よくあるご質問美術品購入相談店舗案内お問い合わせ
作家略歴

有元 利夫

ありもと としお Toshio Arimoto (1946 - 1985)取り扱い作家一覧に戻る

作家紹介

昭和時代後期に活躍した洋画家。
独自の様式を構築し画壇で評価が高まってきた矢先に、
癌に侵され38歳という若さで亡くなった。

藝大在学中に渡欧した際出会った、
イタリアルネッサンス期のジョットをはじめとするフレスコ画や、
日本の仏画に大きく影響を受けたとされる。
なかでもピエロ・デラ・フランチェスカへの敬愛は深く、その影響が随所に見られる。

画材には岩絵具を用い、フレスコ画のような素朴な絵肌に
不思議な雰囲気を持つ女性像を好んで描いた。
また、雲・花弁・トランプ・カーテン等が頻繁に画面に登場する。

タブロー以外にも、木彫やブロンズ、版画等の制作にも取り組んだ。
生前、『音楽』を愛していたことでも知られ、自身でのリコーダーの演奏のほか、
音楽そのものをモチーフにした作品も多く残している。

略歴

1946年 岡山県生まれ
1973年 東京芸術大学美術学部デザイン科卒業 卒業制作買上げ
1973年 電通に就職。75年に初個展
1976年 退社。東京芸術大学非常勤講師
1978年 『花降る日』で安井賞特別賞
1981年 『室内楽』で安井賞
1983年 第1回日本青年画家展優秀賞受賞
1985年 2月、肝臓癌で逝去。38歳という若さだった

主な代表作
  • 『花降る日』
  • 『室内楽』
ロンド 小川美術館蔵
ページの先頭へ戻る
時代はジャンセン 銀座ジャンセンギャラリー 店舗所在地

HOME 買取査定 取扱作家 よくあるご質問 ジャンセン作品 購入相談 店舗案内 お問い合わせ
コピーライト