美術品買取査定取り扱い作家一覧よくあるご質問美術品購入相談店舗案内お問い合わせ
作家略歴

藤田 喬平

ふじた きょうへい Kyohei Fujita (1921 - 2004)取り扱い作家一覧に戻る

作家紹介

東京生まれのガラス工芸家。
ヴェネツィアン・グラスに日本の琳派などの装飾美を取り入れ、
伝統美を再構築した芸術性の高い多くの作品を残している。

特に有名なのは、イタリア独特の色ガラスに金銀箔のかすれが特徴的な『飾筥(かざりばこ)』のシリーズ。
海外でこの作品は『ドリームボックス』(夢を入れる箱)等と賞され、非常に評価が高い。
他に炎や水のうねりをモチーフにした、躍動感溢れるオブジェや花器も多く残している。

藤田の主な技法は「手吹」または「宙吹」と言われる、非常に技術と手間のかかるものである。
これは型を一切使わずに吹き竿と金箸・その他の補助道具だけでガラスを成形する技法である。

略歴

1921年 東京生まれ
1944年 東京美術学校工芸科卒業
1947年 岩田工芸硝子入社
1957年 初個展「藤田喬平手吹きガラス器新作展」 上野松坂屋
1961年 「藤田喬平硝子工芸創作展」 日本橋高島屋
1975年 「世界のスタジオグラス展」 デンマーク招待出品
1976年 日本ガラス工芸協会会長就任
1986年 第25回「日本現代工芸美術展」文部大臣賞受賞
1989年 恩賜賞・日本芸術院賞受賞。日本芸術院会員就任
1996年 宮城県松島に藤田喬平美術館開館
2001年 コペンハーゲン・デンマーク工芸美術館にて個展
2002年 文化勲章・文化功労者受章
2004年 逝去

主な代表作
  • 『飾筥(かざりばこ)』シリーズ
手吹ヴェニス花瓶 手吹飾筥 天平の流
ページの先頭へ戻る
時代はジャンセン 銀座ジャンセンギャラリー 店舗所在地

HOME 買取査定 取扱作家 よくあるご質問 ジャンセン作品 購入相談 店舗案内 お問い合わせ
コピーライト